10代、20代はドローンという最新テクノロジーの結晶で遊べ

 

みなさんこんにちは。

公平(@koheingt)です。

 

9年ぶりにハワイに着きました!

いや〜、ポカポカして最高ですな..

暖かい日差し、涼しい風、美しい街並み、

そして美味しいご飯。

やっぱり、ハワイは最高ですな〜。

 

今はマリオットホテルのスターバックスで

パソコンをイジイジしてます。

雰囲気が良いですし、落ち着くので

仕事が捗ります。

ダルマ君

明日、帰りたくない..

 

ところで、今日のテーマは

『10代、20代はドローンで遊べ』

 

今、僕が取り憑かれた様に

ハマっているのが『ドローン』なんです。

 

僕が今、ドローンの可能性や面白さに夢中で、

今の子供や若い人達がこの『ドローン』

操れる技術、ノウハウを持っていたら

凄く面白い将来が広がると感じ、記事を書くことにしました。

 

こんな感じで遊べる場所ないかな?↓

 

ドローンってなに?

 

ドローンとは無人で遠隔操作や自動制御によって飛行できる航空機の総称です

ダルマ君

いわゆるプロペラが四つあるラジコンみたいな機械だね

トイドローンと言われるおもちゃから、

撮影、救助と多岐に渡って活躍する

ドローンまで沢山の種類が存在するよ↓

 

ドローンの基礎知識

 

ドローンの凄さを掘り下げて行く前に、

ドローンの名前の由来や歴史を少し見てみましょう。

 

ドローンの由来

一般的にはミツバチの雄蜂(英語:ドローン)の羽音がドローンのプロペラ音と風を切る音に似ているから・・が語源と言われていますが、もう一つ80年前からドローンの言葉が使われていた事実があります。 … その女王蜂が転じて雄蜂(ドローン)と呼ばれるようになりました。

 

ドローンの歴史

ドローンは元々軍隊の兵器(無人航空機)として開発されたのが始まりです。実は、ドローンは70年以上開発され続けており、今では様々な用途で使われる様になりました。ただ、歴史的に見ると大部分が兵器として使われていました。

 

そして今のドローンとなりました

 

ドローンってどんな種類があるの?

 

ドローンに夢中になってきました?

さらにドローンの事を知って

ドローン狂になりましょう。

きっと博識に見えて、モテるはず(テキトウ)

 

さてドローンですが、

これまで70年以上開発されているので

大量の種類が存在します。

その中でもカッコ良すぎるドローンを数個紹介します。

 

基本的にドローンは『DJI』が出している商品が

世界トップクラスのクオリティーだと言われています。

 

まずはこちら

① MAVIC PRO

 

今一番人気の

『持ち運びが楽過ぎるハイテクドローン』

コンパクトで可愛らしい見た目ですが、

機能性は抜群、最新のテクノロジーが沢山

盛り込まれています。


② INSPIRE2

 

『男の夢 ドローン界の王』

全ての性能がトップクラスの

実質、空の最強機です。

魅力は見てもらえれば分かる通り

『機械感マックスのイケメンボディー』

INSPIRE2を持ってる方は羨ましすぎます。

 

若者はドローンで遊びまくれ

 

さて本題の

『若者はドローンで遊びまくるべき理由』

 

まず、日本にはドローンを完璧に操縦できる

パイロットが少なく、ドローンを使った撮影で

世界に通用するレベルの腕を持った人は全くいない様です。

(1人、ドローン大師匠を知っていますが笑)

ですから知識があるだけで大きな武器になります。

 

日本にはドローンに対して沢山の規制がありますが

室内用のドローンも存在しますし、子供に使わせても

安全なものも存在します。

 

そして一番大きな理由は

『ドローンは無限大の可能性を秘めているから』です。

未来のテクノロジーに若い頃から触れておく

ことで新しいプロダクトへのアンテナが出来、

人生は幅はかなり広がると思います。

 

面白いアイデアも最新のプロダクトを

若い頃から見て、触れて、操縦するから

出てき易いのかも知れません。

 

ちなみにハワイでお会いした富豪家族は

子供にMAVIC PRO(ドローン)を操縦させていました。

 

配達、救助などあらゆる面で

これから僕達に関わってくるであろう

『ドローン』

 

これからもドローンを使ってドンドン遊んで行きます。

今日も読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です