マレーシア人ってなんでそんなに英語が堪能?

 

みなさんこんにちは。

公平(@koheingt)です。

 

今日かなりビックリしたんですけど

もう既に日曜日だった…

最近、時間の流れドンドン早くなってく..

ダルマ君

 

ところで今回は

『英語学習の留学地として人気沸騰中のマレーシア』

について書こうと思うのですが、

ここで疑問が1つ浮かびます。

 

サル助君

なんでマレーシア人 こんなに英語堪能なの?

(ちなみに初登場のサル助君⇑)

 

 

まず一つ目の理由は

 

過去にイギリスの植民地であったから。

マレーシアに英語が浸透している理由のひとつが、もともとイギリスの植民地であったことがあげられるでしょう。

さらに、現代のマレー語はアルファベットで表記されています。現代マレー語の中には、英語から借用された表現も多く見られます。

そのため、現代マレー語に近く、表記もアルファベットということで、英語が普及しているのだといえるでしょう。

 

 

二つ目の理由は

 

マレーシアの私立大学は100%英語授業だから。

マレーシアは、国をあげて留学生の受け入れに力をいれている「留学大国」といわれています。

インドネシア、韓国、中国などのアジアはもちろん、中東やアフリカ、ヨーロッパなど様々な国からの留学生が集まるまさに留学大国です。

さらにはマレーシアでは3ヶ国語以上話せる人口が大半を占めています。例えば僕のグループのメンバーは皆3ヶ国語以上話すことができます。

他にもマレーシアでは英語と触れ合う機会がとても多いので、ザローカルの店の定員さんでも普通に英語を話します。要は環境ですね。笑

 

 

ですから…

 

アジアトップクラスの英語力。

あるイギリスの調査機関によるとマレーシアの英語能力指数はアジアで堂々の第2位。

幼少期から英語と触れ合う環境で育っているため第2位でも頷けますね。。

 

 

まとめ

 

このようにマレーシアは日本と全く違う『多国籍、他宗教の MIXカントリー』ですからマレー人は言語はもちろん、違う文化、習慣なども知ることができとても恵まれているってことです。

僕ももっと早くマレーシアに来ていればよかった。

 

今日も読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です