【マレーシア ニュース】マレーシアで荒れる総選挙 マハティール氏 vs ナジブ氏

 

みなさんこんにちは。

公平(@koheingt)です。

 

今回も昨日に引き続き、

マレーシア ニュースについて書いていこうと思います。

 

実は最近、

『日本人は外出を控える様に』と警告されているんです。

 

原因は『マレーシアの選挙問題』

今年の総選挙は激化することが予想され、

仮にどちらかの党色のTシャツを着ていたら、

そこに巻き込まれる可能性があるからです。

ひぇえ。怖いよう。家から出るの止めよう。

ダルマ君

 

とか言いながらしっかり外出中なわけですが。笑

 

この話題は、世界の関心も大きいのか

色々なところで記事になっていますね。

 

 

【4月16日 AFP】マレーシアのマハティール・モハマド(Mahathir Mohamad)元首相(92)が、5月9日に投開が行われる総選挙にリゾート地ランカウイ(Langkawi)の選挙区から出馬する。野党連合が15日、発表した。

2003年に首相を退任したマハティール氏は政界から引退していたが、巨額の汚職疑惑の渦中にあるかつての愛弟子、ナジブ・ラザク(Najib Razak)首相の長期連立政権打倒を掲げ、野党陣営の首相候補として政界復帰を果たすこととなった。

ナジブ首相とこれまで60年にわたり政権を維持してきた与党連合には厳しい選挙が予想されるが、一方でマハティール氏がかつて自身の率いた与党連合を相手に勝利するのも難しい見通しだ。

参考 マハティール元首相、ランカウイから出馬NewsPicks

 

上の記事にある通り、60年続いた政権が変わろうとしているんです。

こりゃ大変だ〜。でどっちのが良いんだ?

ダルマ君

 

そう、そこなんです。

結局マハティール氏とナジブ氏、

どちらが就任するのが日本人にとって好都合なのか?

 

これは友人から聞いた話なのですが、

完全に『マハティール氏』だそうです。

 

マハティール氏は生粋の日本ファンだそうで、

積極的にマレーシアに日本文化を取り入れてきた人物だそうです。

マレーシアに親日家が多いのもこの方の影響が大きのだとか。

しかも、この方は市民から絶大な支持を得ているみたいです。

なんだ。めちゃ良い人じゃん。これで結果は見えてるね。

ダルマ君

 

いやこれがまた一筋縄ではいかない様ですね。

ナジブ氏は普通に選挙しては勝てないので様々な手を尽くしている様です。

(ナジブ氏は政治家に支持されるvsマハティール氏は市民に支持される)

 

例えば、

選挙日は元々週末の予定だったのですが、

それを平日のど真ん中『水曜日』に変更して

市民の選挙率を減らそうとしているみたいです。笑

 

そして、自分の仲間は政界に多くいるらしく

みんなは自分に投票してもらう構図。

(投票日、政界にいる人は選挙を優先しなければいけない為)

 

ナジブちゃん頭いいね〜。けどそこまでするんだったら、汚職問題起こさなきゃいいのに。笑

ダルマ君

 

僕も最近まで、

マレーシアの政治について全く未知だったのですが、

やっと少しだけ構図が見えてきました。

 

これからマレーシアはどうなっていくのでしょうか?

楽しみですね〜。

あと、マレーシア在住の人はお気を付けて。

 

今日も読んで頂きありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です