【マレーシアの祝日】マレーシアは祝日の多さが世界一?

 

こんにちは。

昨日、マレーシア観光地についての記事が反響があったので、

今日はマレーシアの祝日について書いていきたいと思います。

 

 

あまり知られていないことなのですが、

実はマレーシアは他宗教国家なので、世界でもトップクラスに祝日が多い国なんです。

あ、今日休みだったんだとならない様にしっかりとリサーチしておきましょう。

 

宗教によって異なる節日

 

マレーシアに住む、マレー系、中国系、インド系それぞれ宗教によって異なる時期に宗教行事を催します。

これらの時期には経済活動が一時的に止まることを念頭に入れてスケジュールなどを組みましょう。

 

イスラム教の節日

 

イスラム教徒(ムスリム)の人々にとって、最も大きな宗牧イスラム教の節日行事は「ラマダン(断食)」明けの「ハリラヤ、プアサ(Hari Raya Puasa)」のお祭りです。

イスラム暦の10月1日に当たるこの日、人々はモスクに行き「ハリラヤの祈り」を捧げ、その後、伝統的なお菓子「クエ」を食べます。

断食明けの連休には一斉に人々が旅行に出かけるため、交通機関は国内外行き共に混み合います。

 

中国系の正月

 

中国系のお正月はいわゆる旧暦元旦(Lunar New Year)に祝います。

マレーシアの中国系の人々は「Yee Sang(魚生)」という刺身を含む旧正月の縁起料理を食べますが、これは中国本土や香港にはない習慣です。

日本の初詣と同様、中国寺院に参拝に行く人も大勢います。

既婚者は独身者に、「紅包(アンパオ)、あるいは利是(ライシー)とも」と呼ばれるお年玉を渡します。

旧正月にはマレーシアだけでなく中華圏一円の企業活動止しますから注意が必要です。

 

ヒンデゥー系の正月

 

インド系のヒンデゥー教徒は「ディーパバリ(Deepavali)」というお正月を祝います。

ヒンドゥー曆6月新暦の10-11月頃)にやって来るもので、主教クリシュナが悪神ナラカスラを討ち取ったという伝説から「光の祭典」とも呼ばれます。

この時期になると、ショッピングモールやホテルのロビーなどに色づけをしたお米で描かれた、繊細で美しい砂絵が展示されます。

 

一年に3回も正月のある国マレーシア。

なんて良い国なんだ。

 

今日も読んで頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です