外国で仕事するには必須となるビジネス用語

 

 

海外での起業に憧れている方にとって一番ネックになっているのが『語学力』そう英語ですよね。

マレーシアでのビジネスにおいて社内の会話は全て英語となります。

今日はその予習として日常で使われているビジネス用語の一部を紹介しようと思います。

ぜひ覚えてかっこいいビジネスマンになりましょう!

 

Annual Leave(年次有給休暇)

Annual Leaveとは『年次休暇』のことです。

 

MC(病欠)

MCとは『Medical Certificate』の略称。

つまり医療機関が発行した『傷病名と休む必要のある証明書』のことですが、通常はMC=病欠ですね。

 

SOCSO(労災勤務)

『ソクソー』と読み、雇用主は取締役以外のマレーシア人スタッフほぼ全員に対し加入の義務があります。

 

EPF(厚生年金)

EPFとはEmployee Provident Fund の略称で厚生年金のようなものです。

 

Pay Slip(給与証明書)

Pay SlipとはPayment Slipと呼ばれ、内容は日本とほぼかわりません。

 

Company Chop(社印)

CHOPとはハンコのことです。

『CHOP please』と言われれば驚かず、ハンコを押しましょう。

 

Resingnaion(退職)

定年退職ではなくこの場合は自己都合による退職の意味です。

 

Successor(後任)

退職した後任としてつくスタッフによく使われる言葉です。

 

正直ここまで『ビジネス』っていう英語はあまり使えわないですが、覚えていると『おっ』と相手に言われることもあるので、海外進出を考えている人は勉強しておきましょう!

 

今日も読んで頂きありがとうございました。

 

 

[お知らせ]

『世界1の浮遊人』こと永田公平が経営する会社はこちら↓

GOAT&GOAT&COMPANY ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です