『親が子供になって欲しくない職業』ってなに?

 

ついさっきニュースアプリを見ていて面白い記事を見つけました⇓

『子供になって欲しくない職業』の一位はぶっちぎりでYouTuber。その理由とは?

 

 

単純に興味深かったのと、嫌う理由がとても面白かったので詳しく書いていきます!

 

これは日刊SPAさんの記事なのですが、

子供を持つ30歳以上の男女100人に『子供に将来なって欲しくない職業』をリサーチしたところ以下の結果になったそうです。

  • YouTuber
  • 公務員
  • 会社経営者、起業家
  • 教師
  • 研究者

 

そしてタイトルにもある様に、

一位はぶっちぎりでYouTuberだったそうです。

なぜYouTuberはここまで親世代に忌み嫌われているのでしょうか?

紹介されていた意見を少し貼りますと、、

 

『趣味ですることを仕事にするのは安定性がないから』(32歳・専業主婦)

『子どもはネットに顔を出してほしくないから』(36歳・専業主婦)

『楽して稼げるなら、何でもアリになるのは悲しいです』(32歳・専業主婦)

『安定しないこと、再生回数を増やすことに夢中になって、物事の判断が鈍ってしまう可能性があることが心配です』(34歳・会社員)

『もう少し現実味のある、出来たら誰かの為になるような仕事をしてほしい』(31歳・男性)

『バカに見える。恥ずかしい』などの意見は抜きました。

 

僕はYouTuberという職業に賛成派?というか、

れっきとした職業だと思っているのでとても興味深い意見ばかりですね。

 

例えば、『安定する職業』に皆さん重きを置いていますが、

これからの未来、ほとんどの仕事を機械がカバーしていくのが目に見えているのに

他の職業が安定しているとどうやって説明できるのでしょうか。

『楽してお金を稼ぐのはダメ』っていう意見も、

まず質の良い動画を毎日投稿するのがどれだけ大変か分かってないですし、

『辛い思いをしてお金を稼ぐ』ことが良いだとは思えないですけどね〜。

嫌味ばっかり言ってますね、すみません。笑

 

ただ、YouTuberの方々は好きな事を仕事にしている尊敬している職業の一つなので反論したくなりました。

それと、ブログを書いている側からすると『動画の強さ』がより理解できますし、

ダメと言われるとやりたくなる性分なので僕もYouTuberにもなろうかなと思いました。(割と真剣に)

 

いや実際パブリックスピーキングや編集の練習にもなりますし良いかも。

話が逸れてしまいましたが、

将来子供が何かしたいって言った時にネガティブな意見を言いたくないなと思いました。

 

今日も読んで頂きありがとうございました。

 

[お知らせ]

『世界1の浮遊人』こと永田公平が経営する会社はこちら↓

GOAT&GOAT&COMPANY ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です