イスラム金融ってなんぞや?

 

ひょんな事から昨日凄く面白いセミナーに参加しました。

その名も『イスラム金融セミナー』

興味が湧く様なトピックですが実際どんな物なのか想像がつきませんよね。

しかし昨日、イスラム金融の入り口を学び僕はワクワクが止まらなくなりました!

今日はそんな最高に面白い『イスラム金融』について書いていきたいと思います.

 

イスラム金融って何?

 

まずイスラム金融と聞いて、それって何?という疑問が湧きますよね。

確かに僕も

それってムスリムの多い国にある普通の金融じゃないの??

ダルマ君

と思っていました。

まず『イスラム金融』とは、イスラムの教えに沿って展開される金融のことです。

そしてイスラム金融には僕達の知る欧米の金融と違う変わった特徴があるんですね〜。

イスラム金融には2つの大きな特徴があります。

2つの大きな特徴

  1.  イスラム金融とは、イスラム法(=シャリア)に適った金融取引の総 称です。取引構造の面では、金利という概念を用いない点が大きな特徴 です。利子の受取が教典「コーラン」で禁じられているからです。
  2.  取引相手等の当事者が教義に反する事業(豚肉、アルコール、武器、 賭博、ポルノ等)に関わっていないことも、イスラム金融取引の大きな 特徴です。

 

き、金利がないの?!どうやった銀行は儲けるの?!

ダルマ君

僕もセミナーに行く前に少し勉強したのですが、同じ事を思いました。笑

実はここにも仕組みがあり、銀行も儲けれる様になっているんです。

詳しい仕組みはご自身で調べてみてください!(少し長くなるので)

 

イスラム金融の何が面白いの?

 

1. 可能性に溢れている

世界のイスラム金融の市場規模(総資産)は現在までに約166兆5600億円)となり、
英会計事務所の大手アーンスト・アンド・ヤングによると、今年中に210兆円を突破するとみられているそうです。

つい2年くらい前までは100兆円市場と言われていたのに、ここ数年で一気に2倍に膨れ上がる勢いなんです!

さらに、全世界のムスリム(イスラム教徒)の人口は16億人を超え、2030年には約22億人にまで増えると予測されています。

なんだそれ!可能性の塊じゃないか!!

ダルマ君

2. イスラム金融のメリットの多さ

宗教的要素、資金調達の多様性、イスラムマーケットなど沢山のメリットがあります。

僕が一番魅了的に感じたのは『イスラムマーケット』

例えばアジアで成功している代表的なTOYOTAやAEONはこのイスラム金融をうまく活用している様ですね。

先程も書いた通り人口増加率、そして急激な成長を遂げているイスラム国は無視できません!

3. マレーシアはイスラム金融の先進国

僕は今まで知らなかったのですが実はマレーシアは世界でも有数のイスラム金融大国なんです!

イスラム金融の国別シェアが世界で第3位のマレーシア。

さらにマレーシア中央銀行が「マレーシア国際イスラム金融センター構想」を発表し、イスラム金融を世界に広めるため人材や機関を次々に創設した様です。

その一つが僕が昨日お邪魔した『イスラム金融国際大学(INCEIF)』

イスラム金融に基づいたビジネスを展開しようとする金融機関や企業は、これに精通した人材を必要とするのですが、専門家の数は圧倒的に少ないのです。

ですからイスラム金融の本場であるマレーシアのINCEIFに世界各国から社会人や学生が集う様です。

知らなかったー!実は近くにこんな凄い場所があったんだ!

ダルマ君

そして最後に、

 

結局なぜイスラム金融?

 

イスラム金融の面白さや可能性について説明しましたが、結局『なぜイスラム金融なのか?』

ここは講師の方がイスラム金融について熱く教授してくださったポイントであり、僕が一番惹きつけられたポイントでもあります。

 

『今の金融システムは混乱しすぎており、仮にエンジニアが努力を重ね新しい物を作り上げてもお金を貸す銀行員の方が確実に多く儲けます。これっておかしくないですか?これは一つの例ですが、イスラム金融は金融・経済の関係を元のシンプルな形に戻し、相互扶助や弱者救済の為にあります。』

 

このポイントは英語で聞いたので上手く伝えれているか分かりませんが。汗

ただ僕の心には凄く響きました。

まだ右も左も分からない状態ですがとにかく楽しく、これからもっとイスラム金融について学びたいと思えたので良かったら皆さんも調べてみてください。

もしくはマレーシアで興味がある方で集まってより知識を深めるのも面白いかなと思いました。もし興味があればご連絡ください。

今日も読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です