【日本初!グローバル人材育成プロジェクト”UTH JAPAN” 】ってなんぞや?

 

注意

UTH JAPANは受け入れ体制を整え、スポンサー企業を募集後に開始することとなったので、『シェアハウス×コーワーキング』を先に作るべく現在動いています。7月にシェアハウスのクラウドファンディング予定です!

 

 

みなさんこんにちは。

最近、忙しくてブログをサボりがちの公平(@koheingt)です。

 

現在、7月にクラウドファンディングする予定の“あるプロジェクト”

の準備に追われており忙しくも充実した毎日を送っているのですが、

今日はその事につい書こうと思います。

 

まず、僕たちが今準備に取り掛かっているのは..

グローバル人材育成プロジェクト “UTH JAPAN”

 

なにそれって感じですよね。笑

分かりやすく説明すると..

『若者の海外での挑戦(留学、インターン、ボランティア等)を返済不要で100%支援するプロジェクト』

 

ありがたいことにこの記事を読んでくださった多くの方々から助言、相談を頂きました。メンバーも増え順調に進んでいますが、それに加えて様々な課題も見えてきました。

そこで、まずは7月に行うクラウドファンディングで3000万円の資金調達を目指し、第1期生となる10名をサポートすることとなりました。段階を踏んで『2030年までに2万人の学生を世界へ送る』というビジョンを実現していきます。

 

ではちょっと長いですが、

今書いているプロジェクト概要(下書き)をご覧ください⇓

 

 


 

注意
この記事は7月にキャンプファイヤーにてクラウドファンディングするプロジェクトの下書きです。

 

19歳起業家が「グローバル人材育成プロジェクト “UTH JAPAN”」を2019年から開始します!高い『志』を持って、海外での夢の実現の為『闘志』を燃やす全ての若者たちを海外へ送り届けるプロジェクトです。

 

 

 ご挨拶

 

数ある案件の中から、このプロジェクトに興味を持って頂きありがとうございます。

本プロジェクト代表の 永田公平 です。

兵庫県出身の19歳。現在はマレーシア在住で海外不動産、海外インターンシップ等のサポートを行ってきたスタートアップ企業Goat&Company代表取締役をしています。

 

詳しいプロフィール詳細はこちらです

 

少子高齢化 × グローバル化

 

まずはじめに、国際視点で見た『今の日本』についてお話ししたいと思います。この20年で世界の状況は急激な変貌を遂げています。相対的に日本は20年で名目GDP20%減、円安進行で貨幣価値は激減し、弱体化の一途をたどっています。さらに、日本の少子高齢化人口減少は深刻化しています。先日、国立社会保障・人口問題研究所が発表した調査によると日本人口は 2040年に約1億人 を経て、2053年に9千万人台 2065年には8千万人台 になると推測されています。さらに、生産年齢人口といわれる15歳~64歳の仕事に中心的に従事する年齢の人口については、2050年までに3200万人も減る と言われています。

日本の将来推計人口(平成 29 年推計)

 

子高齢化、人口減少やグローバル化の遅れに伴い、これから様々な問題が発生すると予想されています。

この日本最大の危機的状況を打開する策は

グローバル人材を育成できる環境を整え、日本の若者が”世界で活躍できる個”となり日本をけん引することしかないと思っています。

 

しかし、日本の若年層の海外志向の低さが海外から見るととても際立っています。その背景には、国際高等教育が充実していないこと海外留学経験者を積極的に採用しない日本の風潮などが関係しています。

 

私はこれまで『学生の可能性を無限大に広げ、共に新しい未来を作っていく』というコンセプトのもと、海外インターンシップのサポートを行なってきました。

先月の日本出張時、『留学』について”生の声が聞きたい”という思いから、東京と神戸の高校生、大学生、学生団体を運営する方々とお会いしていたのですが、今の学生と『留学』の話をしていく中で海外に出られない要因と言える”ある問題”が見えてきました。

 

それは..

お金が理由で海外留学に挑戦出来ない学生が大勢いる

言い換えると..

親の所得が子供の『海外留学』に掛けられる費用と直結しており結果として子供の将来の可能性に大きく影響を与えているという事です。

 

この問題は親の責任なのでしょうか?

日本の将来を担う『若者たち』は我が国の1番の宝です。無限の可能性を秘め、チャレンジ精神に溢れる若者たちを社会全体で応援していくべきだと思いませんか?

 

なぜ奨学金ではダメなのか

 

私も以前は『奨学金制度があるから金銭的な問題はない』と楽観視していましたが、日本に戻り“学生の生の声”を聞いて気が付きました。

日本の奨学金制度には大きな問題点がある。

日本の学生が奨学金制度に頼れない理由は下記の2つです。

 

① 日本学生支援機構の奨学金は、返済しなければならない有利子のローン

世界で見れば奨学金は基本的に給付型ですが、日本の奨学金は返済が必要です。さらには、有利子の日本の奨学金制度は『金融事業』と化しています。ですから、“奨学金”という言葉に対してマイナスイメージが強い様です。

 

② 給付型奨学金を貰える学生が限定されている

給付型奨学金は2017年にスタートしましたが、まだまだ対象となる学生が限定されているのが現実です。高学歴、資格を持っている学生が審査を通過し給付されている状況が続いています。さらには、文部科学省が展開する『トビタテ!留学JAPAN』も2020年をもって終了してしまいます。

 

東京、神戸で野心に溢れる学生とこれからの日本について話をしながら、『海外での挑戦に闘志を燃やす彼らを応援したい。』『日本の未来の為グローバル人材の育成に携わりたい。』そう思ったのがこのプロジェクトの始まりでした。

 

 

UTH JAPANとは

 

チャレンジ精神溢れる若者たちを無償で支援し、これからの日本をけん引する世界的視野を持つリーダーを育成していくプロジェクト

 

それが..

“UTH JAPAN (ユースジャパン)”

 

UTH JAPANの仕組みはとてもシンプルです。

企業様からの支援金と皆様からクラウドファンディングで募った資金により『すべての学生の海外での挑戦』を支援します。

 

UTH JAPANが目指すビジョン

 

私たちが目指すビジョンは

①グローバル人材(日本の未来をけん引する世界的視野を持つリーダー)の育成

②海外での挑戦を全力で応援する環境作り

 

目標達成の為2025年までに2万人以上の学生を海外に送ることを目標としています。

*私たちが考える“グローバル人材”とは「異文化を理解する能力」「異文化とコミュニケーションし影響力を及ぼす能力」を兼ね備えた人材です。

 

UTH JAPANの4つの特徴

 

意欲、目的、独自性を持ったすべての学生を支援します。(学歴、資格は合否に一切関係ありません)

 

合格が決定した学生の海外での挑戦(留学、インターン、ボランティア等)に掛かる費用をこちらが全額支援します。もちろん返済不要です。

 

日本国内にも様々な募金がありますが支援金の使い道が不透明な団体も多く、その中に『中抜き』がないとは断言出来ません。だからこそ、私たちは『支援金の使い道を全てリスト化して公表』します。皆様の支援金を100%学生の支援に使用させて頂きます。

 

本プロジェクトを継続し、多くの学生を世界に送る為の資金は皆様の支援で成り立っています。

 

なぜ私がここまで『海外留学』にこだわるのか?

 

なぜ私がここまで学生の留学支援にこだわるのか?

少し遅れましたが自己紹介をさせて頂きます。

 

ー 自己紹介

永田 公平(ながた こうへい)

1998923兵庫県出身です。

私は中学時代、何もかも中途半端で

そんな自分がとても嫌いでした。

 

『高校に入れば何かが変わる』

漠然とそう思っていましたが、

実際は中学の延長線上でありほぼ変わらない現実。

 

他に夢中になれるものも無い。

周りに憧れる大人もいない。

正直、自分の将来に全く希望を持てませんでした。

 

ー そんな私に転機が訪れました

『シンガポールへ行ったこと』です。

 

父に連れられ急にシンガポールへと向かいました。

新興国の力強い街並み、活気に溢れるビジネスマン。

初めて見るシンガポールは全てが輝いて見えました。

 

そして偶然が重なり、

世界で活躍する経営者とお会いすることが出来ました。

(後に私のメンターとなります)

 

その方の話を直接聞いた時、全身に衝撃が走り

私の人生がピキピキッと変わり始める音が聞こえました。

 

帰国後、すぐさま書店に駆け込み

『ビジネス書、自己啓発本、海外本』を読み漁ります。

そして日本を脱出しました。当時、私は17歳でした。

 

私を変えたきっかけはただ一つ”海外へ出たこと”

それが人生に絶望していた学生

海外で自由に暮らす今の自分へと変えてくれました。

 

だからこそ私は

『日本の学生を海外へと送る事業』

に人一倍こだわっていますし、

『留学支援』に今、本気で取り組んでいます。

 

最後に

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

私たちはこれまで多くの方に支えられ生きてきました。今回のプロジェクトも自分たちだけで達成出来るとは考えておりません。UTH JAPANは日本の未来を大きく左右する重要なプロジェクトだと自負しており、皆様と協力して『若者の海外での挑戦を全力で応援する環境』を作っていきたいと考えています。

 

あなたの支援が日本の未来を変えます!

皆様、ご支援よろしくお願いします!

 

目標 資金調達額

1億円(仮)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です